輸入バイクをもっと手軽に楽しもう

輸入バイクと聞いて皆さんはどんな印象を受けるでしょうか。
多くの人がハーレーダビッドソンやBMWなど大きなバイクを想像し、
「カッコイイけど日本では乗りづらそう」という人が多いです。
確かに輸入バイクは国産に比べて大型のものが多く、
狭い路地が多い日本の道路事情に合っていない部分もあります。
しかし国産バイクにはない個性的なデザインや、
メーカーのこだわりが感じられる魅力的なバイクが揃っています。
それでも実際に輸入バイクを所有するとなると不安があるもの。
ここではそんな輸入バイクの疑問や不安について解決していきます。

まずよく聞かれる質問が保障やアフターケアについて
これに関してはメーカーにもよりますが、
日本で正規ディーラーがあるような輸入バイクは問題ないでしょう。
このような輸入バイクは保障や整備体制なども万全ですし、
細かいパーツも問題なく供給されています。
しかしアジア圏で販売されているバイクは要注意。
日本では整備できるメカニックが少なく、
パーツも入りにくいのが現状です。

次に輸入車は故障が心配という問題。
確かに国産車と比べると輸入バイクは故障が多い印象ですが、
それは国産車のように耐久性を重視してパーツを作らず、
バイクの性能やパフォーマンスを重視して作られているからです。
しかし耐久性については乗り方や扱い方による部分も影響するため、
一概に国産車より壊れやすいとは言えません。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.